MAY2017 Schedule

JAMHOUSE G.W Special@XENOBAR

DATE: 2017.05.03(wed)

start 22:00

door ¥1000

 

Guest DJ

THE ★ YAMAYA(CHAMBER)

 

DJ

Dove Crew

Mw-fA

OTODOKE

BRAIN

「SYSTEM7 × 新政」 LIVE ENSEMBLE IN AKITA

DATE: 2017.05.06(SAT)

strat 19:30
door 前売券 3,500円(※)、当日券 4,000円

 

 出 演  System7/Heart&Minds 原田仁(frpm ROVO)/T.美川(非常階段)/Asteroidnos a.k.a.Makio  /   DJ TAKU

 

ドリンク  500円~日本酒BARにて新政限定酒・希少酒あり
出 店  トリノス食堂

2017.05.13(sat)

METHOD@XENOBAR

START 22:00

DOOR ¥1500(要1d購入)

 

Guest Dj

Lyoma

 

DJ

Conny

Chii

Dave

kyohei(R.U.C)

kino

満獣院マグナム子(side back)

 

Lyoma

1998年から2007年までの9年間をベルリンで過ごし、市内の様々なベニューやドイツ国内の各都市等で研鑽を積む。2007年にPLATIKより発表されたコンピレーションCD「Gathering Traxx Vol.1」へ楽曲を提供。現在までにPlus Records、Toktok Records、Bass Works Recordings等から作品をリリースしている。ベルリン遊歴中の1999年12月、東京を拠点にテクノパーティー「abend」を開始し、2011年からは自主レーベル「abend kollektiv」を展開。現在はSTERNE at WOMB、PHAZE at R Loungeのレジデントとして活動中。

https://soundcloud.com/lyoma-abkv

 

https://soundcloud.com/abendkollektiv

SUI Dove

DATE : 2016.05.10(wed)

Start : 21:00

charge¥500

MUSIC BY

 

Dove Crew

SUI Dove

DATE : 2016.05.17(wed)

Start : 21:00

charge¥500

 

MUSIC BY

 

Dove Crew

【PARUPUNTE】

date 2017.05.20 

Start 22:00   

door ¥1.500(+1D)

 

【gest DJ】

ATSUSHI (from 鶴岡)

 

【DJs】

MI2YASU

Force

YG-S

OTODOKE

TARG

 

【LIVE】

MIDDLE

 

【LIVE PAINT】

GUZE one

 

【SHOP】

 

六染両

Kan Sano Magical kiss tour 2017 

date 2017.05.27

open19:30

start 20:00

当日 4000円 

前売り3500円

プレイガイド 

秋田市 トピコサービスカウンター

    Jamhouse

大仙市/ Rush Bar

横手市/ みちくさ本屋ワイルドマウンテン

十文字町/ Hostel & Bar CAMOSIBA

由利本荘市/ ジプシーワゴン

  

 

 

Kan Sano (Keyboards, Vocal, laptop)

今村慎太郎 (Drums, Chorus)

 

プロフィール :

キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。

バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。

 

キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、藤原さくら、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、佐藤竹善、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。

また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。

さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。

また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。

 

2011年『Fantastic Farewell』(CIRCULATIONS)をリリースしデビュー。

 

2012年、Bennetrhodes 名義のアルバム『Sun Ya』を Wax Poetics Japan からリリースしクラブシーンで大きな話題となる。また、mabanuaバンド他、数々の現場でキーボードを弾き、その個性溢れるフレーズでサポートながらオーディエンスに深い印象を残す。

 

2013年、ジャズ・レーベルBLUE NOTE創立75周年を記念したプロジェクト“松浦俊夫 presents HEX”のキーボーディストとしてBLUE NOTE (ユニバーサル・ミュージック)よりデビュー。ジャイルス・ピーターソン他世界中のDJから賞賛を浴びる。

 

2014年、Benny Sings、Monday Michiru、Marter、長谷川健一、mabanuaら国内外のアーティストを迎えた2ndアルバム『2.0.1.1.』をリリース、オリコンセールスチャートにランクイン。

韓国、台湾のレーベルディールも決定し、同国で大きく展開。

リード曲「Here and Now feat. Monday Michiru」は全国ラジオ14局でパワープレイを獲得 (同月リリースではアリアナグランデに続き3位を記録)、J-WAVEで15位まで上昇、またフジテレビ「テラスハウス」の挿入歌として起用されサントラにも収録。

また、アルバムの好セールスを受けSunSet Live、GREENROOM CAMP、中州JAZZなど全国のフェスに出演。

さらにHEX名義ではヨーロッパツアーを成功させ、フランスでおこなわれたジャイルスピーターソン主宰のWorld Wide Festivalでは数千人のオーディエンスを湧かせた。

 

2015年、朝霧JAMに出演。ドラムとピアノのみで4,000人近いオーディエンスを唸らせる。

また、ネットラジオ「JJAZZ.net」でレギュラー番組「JAZZ CAN」をスタート、初メインMCに挑戦。さらに新進気鋭の劇作家 藤田貴大が脚本・演出を手掛ける「マームとジプシー」に演奏のみならずセリフありの役で登場するなど活躍の幅を大きく広げる。2015年に活躍したクリエイター27名と共に雑誌「FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、 ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival (フランス)に出演。

新曲「C'est la vie feat. 七尾旅人」を 7inchで発売、発売直後に早くも希少アイテムとなっている。

また七尾旅人に加え、Maylee Todd、Michael Kaneko、島村智才を迎え、自身のボーカル曲も多数収録した 3rdアルバム『k is s』を発売。

 

http://kansano.com/

 

 

 

 

Kan Sano magical kiss tour 2017に塚本タカセも凱旋ライブとして出演します。昨年の関口シンゴ brilliant release tourにも出演し大いに盛り上がりました。更に今回はタカセもニューアルバムを携えてのリリースライブ。御期待下さい。

 

塚本タカセ

秋田県出身。ソウルミュージックに影響された太く熱い歌声を持つ。2014春、歌修行のため単身米New Yorkへ。現地でセッション、ストリートライブ、ゴスペルなど本場の地で歌に毎日を費やす。上京後、Gospel,Classic SoulやBluesを歌うことでRoots musicを探求しつつ、自身のオリジナル曲をバンドスタイルやソロで展開。王道のソウルシンガーとして都内で活動中。今回はニューアルバムのリリースツアーとして凱旋する。

 

ニューアルバム(タイトル未定)

「ソウルに磨かれた唯一無二の歌声が響き渡る。

どこか懐かしいシンプルで心を惹き込む楽曲が、アメリカでの現地ミュージシャンによるレコーディングにより最高のサウンドを手に入れた。

愛、苦悩、喜び、希望、友達、家族、恋人、自分...

秋田、アメリカ、東京での暮らしの中で様々な経験をし感じてきた想いを音楽と歌声に込めた塚本タカセそのもの。

 

本物のBlack Grooveを奏でるのはアメリカ修行時代に

深く交流のあった黒人教会のミュージシャン達。

中心メンバーの鍵盤奏者 WInston"Wenztoven"NelsonはJohn Legendの作品参加でも知られる。

 

 

 

アフターパーティ @ Xeno Bar by Dove Crew and 黒井円盤

※注意事項
・18歳未満の方はご入場頂けません。(要ID持参) 
・未成年の飲酒、喫煙は法律で禁止されております。

・付近への路上駐車及び違反行為はおやめください。 
・飲食物の持ち込みは禁止です。 
・会場での貴重品紛失で店舗、主催者側は一切の責任を負いません。 
・迷惑行為を発見した場合はご退場頂く場合がございます。 

・飲酒運転は厳禁です。

・ルールを守って楽しみましょう。